デリケートゾーン 黒ずみ 美白 臭い

MENU

デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になる瞬間と改善方法!

ここでは、デリケートゾーンの悩みの中でも意外とヘビーなもの二つ、「黒ずみと臭い」についてお話していきますね。

 

日本人の場合、欧米人(白人)と比べ、紫外線を受けることによりメラノサイトが活性化しやすく、メラニンの生成も多いので「色素沈着」しやすい、すなわち黒ずみやすいと言われています。

 

だから、日本人女性の方の大半は、多少デリケートゾーンが黒ずんでいたとしてもホントは問題ナッシング、、なんですが。。

 

昔から陰部(あそこ)、小陰唇(女性器)が黒ずんでいると「遊び人」だ、って言うレッテルを貼られますよね、、何の根拠もないのに・・・(泣)

 

自分には何の心当たりがなくてもね・・・・^^;

 

大体、他人のデリケートゾーンがどんな色なのか?なんてほとんど知りませんし、どの程度だと黒いって言われるのかも判りにくいです。

 

はっきりした基準があるわけじゃないですから。。

 

次にデリケートゾーンの臭い、についてですが・・・

 

一概にデリケートゾーンの臭い、と言っても「すそワキガ」のように陰部全体が臭うのか?

 

それとも、膣周辺や膣内部からの臭いなのか?

 

はたまた、性病などの病気が絡む臭いなのか?

 

と、いろいろとあるんですね・・・。

 

だから、原因によって改善方法も違ってきます。

 

このサイトでは、、、

 

黒ずみの場合は「メラニンが関係する古い角質による色素沈着」の場合。

 

臭いについては、膣を間違った方法で洗浄している場合や、膣内の雑菌や不衛生が原因で発生する悪臭だったりと。。

 

デリケートゾーン周辺の黒ずみと、臭いケアのためのクリームや石鹸などの紹介をしています。

 

下記では、悩みに個人差はあると思いますが、例として幾つか挙げてみました。

 

もし心当たりがあるようならチェックしてみてくださいね^^

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

デリケートゾーンの黒ずみが原因で困ったことや悩んだことって?

まず、自分のデリケートゾーンが黒ずんでるせいで困ったことと言えば・・・

 

・週末は女友達だけで楽しい海水浴、なのに、イザ水着を着てみたら黒ずみがはみ出してた

 

・来週は職場の慰安旅行、行き先は有名な温泉地の旅館、同僚と一緒に温泉に入るけど、デリケートゾーンの黒ずみを見られると思うと気が重い・・・

 

・明日は彼氏と初デート、もしかしたら初H?でも、陰部(小陰唇)回りがかなり黒ずんでるし、それを見られてどう思われるかが不安・・・

 

・思い切ってハイジニーナ脱毛したら、あそこの黒ずみが余計に目立つようになった

 

などなど・・・。

 

デリケートゾーンの黒ずみ(色素沈着)は人様に迷惑をかけるものではありません。

 

あくまでも「自分自身が納得の行かない悩み」、ということです。

 

とは言え、そういったことがストレスになるのも事実です・・・^^;

 

そういう場合には・・・

 

時間は掛かりますが自宅で自分でケアする方法もありますよ。

 

>>デリケートゾーンの黒ずみを解消するには?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

陰部(あそこ)の臭いが原因で困ったことや悩んだことって?

臭いによる悩みは、自分だけじゃなく回りの人に迷惑をかけることもあり得ます。。。

 

例えば・・・

 

・お風呂(シャワー)で綺麗に洗っているのに、時間が経つと臭いがひどくなってくる

 

学校や社内、スポーツクラブ等の密閉された空間では、臭い漏れが気になって気が気じゃない。。

 

・最近、旦那(彼氏)が私とのHを拒むようになった

 

あそこの臭いが原因でセックスレスになったり、クンニを嫌がられたりするようです。

 

・生理でもないのにおりものが多く、普段でも下着が汚れているし臭いもキツイ

 

おりものの色や臭い、状態によっては「性病」などの可能性もあり得ます。

 

こういった臭いの場合・・・

 

デリケートゾーンや陰部(女性器)周辺、膣からの臭いは、ワキガ(すそワキガ)同様、回りの人に迷惑をかける場合や、旦那や彼氏にSEXを断られる原因になったりすることもあり得ますから、黒ずみなどよりも早急な対策が必要かもしれませんね。。

 

>>デリケートゾーンの臭いを解消するには?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

デリケートゾーン周辺の美白や臭いをケアするには?

黒ずみ(色素沈着)ケアは場所にもよりますが、自宅でケアできる「デリケートゾーン美白クリームや専用石鹸」などもありますし、最終的には美容外科クリニックなどで行われている施術などもあります。

 

臭いの場合は、遺伝的要素の高い「すそワキガ」や「性病」が関係しているものは婦人科や美容外科などのご厄介になる必要も出てきますが、それ以外であれば、大半は自宅ケアできるものです。

 

どちらの悩みにせよ、まずは自身の陰部の状態を把握し、市販や通販されている専用ケア商品を試してみるのも良いかもしれませんね。

 

>>デリケートゾーンの黒ずみや臭いを自宅でケアするには?

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加