妊娠 デリケートゾーン 黒ずみ

MENU

産後のデリケートゾーンの黒ずみの原因と解消方法って?

女性の場合、妊娠中から出産・出産後はお肌にトラブルが起きやすい状態にあります。

 

まぁ、女性ホルモンのバランスが乱れる原因は妊娠や出産に限ったことではありませんけど・・・

 

●女性ホルモンバランスが崩れる原因となるもの

 

・妊娠中〜出産後

 

・精神的ストレス

 

・生活習慣・食生活の乱れ

 

・睡眠不足・肉体疲労

 

・加齢による女性ホルモンの分泌減少

 

・その他

 

上記のようなことが原因となり、ホルモンのバランスは乱れます。

 

結果、PMS(月経前症候群)や生理不順・女性更年期障害・お肌の黒ずみ(シミ・そばかす・妊娠肝斑)・ニキビ(吹き出物)・妊娠線(正中線)・分娩後脱毛症(抜け毛)などを引き起こす事もありますよね。

 

 

 

話を「妊娠・出産」に伴うお肌の黒ずみに戻すと、、、

 

デリケートゾーン(外陰部)や乳首(乳輪)・ワキ・その他お肌の各部分の黒ずみの主な原因は「妊娠に伴うホルモンバランスの崩れ」となります(泣)

 

ここで言うホルモンとは「女性ホルモン」のことで、「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれるものですね。

 

この二つは、黒ずみの原因である「メラニン色素」を増減させる働きがあると言われており、お肌の黒ずみの元凶と言ってもいいものです。

 

※加齢や出産に伴う女性ホルモンの分泌不足やバランス崩れは、お肌のターンオーバーに掛かる日数を早めたり遅めたりし、乱してしまうことが黒ずみの原因となります

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

出産後、デリケートゾーンの黒ずみケアはどうすればいい?

出産後は、放っておいても女性ホルモンのバランスは徐々に戻り始めます!

 

基本的に、出産後それなりの月日を重ねれば、女性ホルモンのバランスも改善され、メラニン色素が関係する色素沈着は落ち着いてきます。

 

これに伴い、乳首(乳輪)・デリケートゾーン・その他の部分の黒ずみも薄くなっていくと言われているので、数週間から数ヶ月もすれば目立たなくなってくるでしょう^^

 

黒ずんだお肌を少しでも早く通常の状態に戻すためには?

普段の食事(栄養素)に気を使ったり、サプリメントを摂取する。

 

あるいは、、、

 

保湿・美白効果のある化粧品(薬)などを使うのもいいかも^^

 

・お肌のターンオーバーを早めてやる

 

ピーリング剤や美白化粧品を利用し、お肌の新陳代謝(ターンオーバー)サイクルを早めたり、元に戻してやる。

 

>>お肌の黒ずみ専用美白クリーム

 

・紫外線を防止する

 

外出時、紫外線防止剤や日傘などを使用する。

 

・お肌の保湿

 

正中線(妊娠線・ストレッチマーク)のために、傷ついた細胞真皮まで届く、保湿効果・浸透力の高いクリームなどを塗ってやる。

 

・女性ホルモンに似た栄養素を補給する

 

イソフラボンなどの女性ホルモンに似た性質をもつ栄養素を、食材やサプリなどで摂取してやる。

 

イソフラボンサプリ>>【小林製薬】エクオール

 

 

などなど・・・

 

日常的にできることから始めて見るといいでしょう^^

 

このエントリーをはてなブックマークに追加